税金が還付されることも!ふるさと納税とは?

ふるさと納税ってなに?

税金といえば、国へ納めるか、居住している地域の自治体に納めるのが普通です。ふるさと納税は税金という枠組みではなく、正確には寄付をする行為なんですよ。基本的には、その人が生まれ育った都道府県や市町村へ寄付するようにしますが、特に出身地に拘ることなく、その人が好みの地域に寄付することもできるんですね。仕事を求めて大都市に人が集中することで、地方が過疎化、税収が減ってしまうアンバランスを、調整する機能が働くんですよ。

条件によっては確定申告が不要に

ふるさと納税を行うには、以前までは確定申告が必須だったんです。しかし、平成27年4月に法改正されて、確定申告を行う義務がない立場の人なら、予め申請することで、確定申告不要でふるさと納税を行うようになったんですよ。但し、条件があって、一度に5団体以内で寄付する人に適用される仕組みであることを知っておきましょう。ふるさと納税を行うと、自己負担金2000円を省いた金額が、所得税や住民税から差し引かれ、還付を受けることができるんですね。

どうやって手続きするの?

ふるさと納税の手続き方法は、各自治体によってやり方が異なります。まずは、寄付をしたい自治体のホームページなどを確認して、手順を覚えるのがよいでしょう。手順通りに寄付をしたなら、その年の分の確定申告を後日行います。確定申告の方法は、普段のやり方で構わないんですね。税務署に赴いたり、オンラインや郵送で必要書類を提出することもできるんですよ。やり方がわからない場合は、税務署に聞いたりインターネットで調べると、簡単に覚えることができるでしょう。

ふるさと納税は、地域の経済に大きな影響を与えるものとして、ここ数年のうちに注目度が高まりつつあります。