忘れていませんか!?確定申告の税金対策!

確定申告の税金対策は重要!

事業所得や譲渡所得などの所得がある年は確定申告を行わなければなりません。確定申告をすることで納税額が決まります。多くの人は納税額を少しでも安くしたいと考えますよね。所得が増えた年は税金が高くなってしまいます。せっかく所得が増えても税金を多く取られてしまうと、損をした気持ちになってしまいますよね。そこで重要になるのが税金対策です。確定申告の際にしっかりと税金対策を行っておけば、納税額を抑えられます。

経費を計上して税金対策しよう

確定申告の際の税金対策として、最も多くの人が行うのが経費の計上です。自分は経費を使っていないと思っても、よく見直してみると意外に多くの経費を使っていることがあります。例えば、自宅で仕事をしている個人事業主の場合は経費にできるものが沢山あります。電気料金はほとんどの場合において経費にできるでしょう。インターネットを使用している場合は、プロバイダの利用料金を経費にできると考えて良いです。ただし、プライベートで使用した分としっかり按分することが大切です。

節税のために控除を上手く活用しよう

確定申告を行うときには様々な控除を受けることで節税できます。例えば、生命保険に加入して保険料を支払っている場合、一年間に支払った保険料の分だけ控除を受けられます。生命保険だけでなく、地震保険に加入している場合はその保険料についても控除を受けられます。ただし、火災保険は控除の対象外なので注意が必要です。その他にも、社会保険料の支払い金額などについても控除を受けられます。自分がどのような控除を受けられるのか、しっかりチェックしましょう。

確定申告の方法に迷っている場合には、信頼のできる税理士や公認会計士などに相談をすることが良いといえます。