うつ病を治療しよう!うつ病治療の三大原則とは

うつ病の投薬治療について

うつ病の治療はまず投薬治療が一番大切です。鬱的な気分にはSSRIが処方され、眠れない時にはフリニトラゼパムと言った睡眠薬が処方されます。怒りやすくなっている場合にはデパケンやジプレキサと言った気分を安定させる薬剤が投与される場合も多いです。薬剤は脳の神経伝達物質の量を調整して、本人が楽になる手伝いを行います。医師の指示通り服薬する事で早く神経伝達物質のバランスを回復して、病状を回復させる事が可能となりますよ。

うつ病患者を支える様々な制度

うつ病の治療では投薬だけでなく、環境面の調整も必要になる場合がほとんどです。対人関係のリハビリをするのであれば精神科のデイケアを利用したり、就職のために就労継続支援を利用するのが良い場合も多いです。生活面でサポートが必要になる場合には、ヘルパーによる家事援助が必要になる場合も多いです。これらの様々な公的な支援制度を組み合わせて生活をサポートしていくのも、うつ病の治療費には大切なポイントになりますよ。

家族も一緒に治療しよう

うつ病の患者を支える家族に対する教育も大変大事になります。家族の言葉かけ一つで病状が変わってしまします。その為に医師や臨床心理士と言った専門家に対応法を教育してもらう必要があります。必要に応じて役所が企画する家族教室に参加を促す場合も多いです。それと同時に家族もストレスを抱えている場合が大変多いので、家族もストレスを解消できるようにしていく支援していく必要があります。うつ病の治療には以上のような事が必須になりますよ。

岡山の心療内科では駐車場完備や交通アクセスが優れたところに設置されているので通院しやすいです。相談しやすい環境なのでリピート利用できます。